キノフィルムズ

『パラレル・マザーズ』
近日公開

パラレル・マザーズ

11月3日(木)、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテ他にて公開

同じ日に母となった二人のシングルマザー、その数奇な運命の行方は?
《家族の愛と絆の新たな形》を描いた衝撃の感動作。

イントロダクション

イントロダクション画像

自らの人生を投影した前作『ペイン・アンド・グローリー』で、世界各国から絶賛されたペドロ・アルモドバル監督。待望の最新作は、ライフワークでもある母の物語に戻り、同じ日に母となった二人の女性の数奇な運命と不思議な絆、この困難な時代における生き方を描く。さらに、アルモドバル監督の中で年を重ねるごとに重要となっていった「スペイン内戦」、彼らしいアプローチで人生のドラマの中に織り込み、深く広く多様な世界観を作り上げた。
ジャニスには、アルモドバル監督のミューズ、ペネロペ・クルス。答えの出ない問いを抱え続けるジャニスの複雑な心情を見事に体現し、ヴェネツィア国際映画祭最優秀女優賞受賞をはじめ高い評価を得た。アナには、これが長編映画2作目の出演となるミレナ・スミット。アルモドバルに「偉大な新発見だ」と言わしめる恐るべき才能で、無垢なアナを繊細に生き切った。アナの母親役にアイタナ・サンチェス=ギヨン、さらにロッシ・デ・パルマも顔を出し、スクリーンに味わいを添える。
今この瞬間も世界のあちこちで戦いが続くからこそ、目の前の人を愛することの大切さを教えてくれる、アルモドバル渾身の一作。

ストーリー

ストーリー画像

フォトグラファーのジャニスと17歳のアナは、出産を控えて入院した病院で出会う。共に予想外の妊娠で、シングルマザーになることを決意していた二人は、同じ日に女の子を出産し、再会を誓い合って退院する。だが、ジャニスはセシリアと名付けた娘と対面した元恋人から、「自分の子供とは思えない」と告げられる。そして、ジャニスが踏み切ったDNAテストによって、セシリアが実の子ではないことが判明する。アナの娘と取り違えられたのではないかと疑ったジャニスだったが、激しい葛藤の末、この秘密を封印し、アナとの連絡を絶つことを選ぶ。それから1年後、アナと偶然に再会したジャニスは、アナの娘が亡くなったことを知らされる──。

ペネロペ・クルス

ジャニス役
1974年4月28日生まれ、スペイン、マドリード出身。1992年、『ハモンハモン』で映画デビューを果たす。『美しき虜』(98)でスペイン映画芸術科学アカデミーによるゴヤ賞にて初の主演女優賞を受賞。続いてペドロ・アルモドバル監督の『オール・アバウト・マイ・マザー』(98)に出演、国内外で高く評価されたこの作品をきっかけにハリウッドへ進出。『それでも恋するバルセロナ』(09)でアカデミー賞助演女優賞を受賞し一躍人気女優となる。本作ではヴェネツィア国際映画祭最優秀女優賞をはじめ多くの映画賞に輝く。実生活では、ハビエル・バルデムと結婚し、2児の母。近年の主な出演作に、『エレジー』(08)、『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』(11)、『ローマでアモーレ』(12)、『悪の法則』(13)、『オリエント急行殺人事件』(17)、『誰もがそれを知っている』(18)、『355』(22)など。出演したアルモドバル作品:『ライブ・フレッシュ』(97)、『オール・アバウト・マイ・マザー』(98)、『ボルベール〈帰郷〉』(06)、『抱擁のかけら』(09)、『アイム・ソー・エキサイテッド!』(13)、『ペイン・アンド・グローリー』(19)。

ミレナ・スミット

アナ役
1996年10月5日生まれ、スペイン、エルチェ出身。15歳でモデルデビュー。クリスティーナ・ロタ演劇学校で演技を学び、その後、「Diagonales」「Innermost」「Chimichanga」「Adentro」など様々な短編映画に出演。2020年、初の長編映画である『Cross the Line』に出演。本作のキャスティングチームが、Instagramで存在を知り、出演をオファーする。ゴヤ賞の最優秀新人女優賞と助演女優賞にもノミネートされ高く評価された。本作が長編映画2作目となる。

イスラエル・エレハルデ

アルトゥロ役
1973年12月10日生まれ、スペイン、マドリード出身。舞台、テレビ、映画などスペインで活躍、舞台監督も務めている。『マジカル・ガール』(14)ではゴヤ賞新人賞にノミネートされている。主な出演作品に、『スモーク・アンド・ミラーズ 1000の顔を持つスパイ』(16)、『アマドール』(20)など。

アイタナ・サンチェス=ギヨン

テレサ役
1968年11月5日生まれ、イタリア、ローマ出身。イタリア人の母親とスペイン人の父親の間に生まれる。スペインを中心に活躍中。『雲の中の散歩』ではサンセバスチャン映画祭で最優秀女優賞を受賞。2000年にはカンヌ映画祭の審査員を務める。近年は舞台を中心に活躍、2016年には権威あるヴァッレ・インクラン賞を受賞し、スペインを代表する女優のひとり。主な出演作品に、『雲の中で散歩』(95)、『ぼくは怖くない』(03)、『マシニスト』(04)など。

ロッシ・デ・パルマ

エレナ役
1964年9月16日生まれ、スペイン、パルマ・デ・マジョルカ出身。女優、歌手、モデルとして活躍。マドリードのカフェでアルモドバル監督に見出される。出演したアルモドバル作品は、『神経衰弱ぎりぎりの女たち』(87)、『アタメ』(89)、『キカ』(93)、『私の秘密の花』(95)、『抱擁のかけら』(09)、『ジュリエッタ』(16)。その他の主な出演作に、『マダムのおかしな晩餐会』(17)、『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』(18)、『マーメイド・イン・パリ』(20)など。

フリエタ・セラーノ

ブリヒダ役
1933年2月2日生まれ、スペイン・バルセロナ出身。主に映画や舞台を中心にスペインでは活躍。主な出演作に、『バチ当たり修道院の最期』(83)、『マタドール<闘牛士>炎のレクイエム』(86)、『神経衰弱ぎりぎりの女たち』(87)、『アタメ』(89)など。『ペイン・アンド・グローリー』(19)ではアントニオ・バンデラスの母親役を演じた。

スタッフ

  • 監督・脚本:ペドロ・アルモドバル

    1951年9月25日生まれ、スペイン・ラ・マンチャ出身。小説、音楽、演劇などさまざまな分野の芸術活動を繰り広げ、独学で映画作りを学んだ。『セクシリア』(82)、『バチ当たり修道院の最期』(83)、『欲望の法則』(87)、『神経衰弱ぎりぎりの女たち』(87)、『ハイヒール』(91)などで世界的に注目される。“女性賛歌3部作”の1作目にあたる『オール・アバウト・マイ・マザー』(98)でアカデミー賞外国語映画賞、カンヌ国際映画祭監督賞など数多くの賞を獲得した。続く『トーク・トゥ・ハー』(02)もアカデミー賞脚本賞に輝く。前作『ペイン・アンド・グローリー』(19)は、カンヌ国際映画賞でワールドプレミアされ、アントニオ・バンデラスが主演男優賞を受賞、さらにアカデミー賞では2部門(国際長編映画賞・主演男優賞)にノミネートされるなど、各国から絶賛され高い評価を受ける。近年はプロデューサー業などで若い才能を見出している。『A Manual for Cleaning Woman(原題)』、『Strange Way Of Life(原題)』の撮影が控えている。

パラレル・マザーズ

2021/スペイン・フランス/原題:MADRES PARALELAS/R15+/123分
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ
© Remotamente Films AIE & El Deseo DASLU