キノフィルムズ

公開終了
2016年6月4日(土)公開

団地

映画賞を総なめにした『顔』のコンビが贈る 妄想としゃべくりのハーモニー

イントロダクション

イントロダクション画像

実在の逃亡犯をモデルに“人間の業”を余すところなく表現し、多くの映画賞に輝いた傑作『顔』から16年。日本を代表する舞台女優・藤山直美と阪本順治監督が、再びタッグを組んだ!待望の新作『団地』は、完全オリジナルの会話劇。さまざまな人生が交差する団地という“小宇宙(ミクロコスモス)”を舞台に、ごく平凡な夫婦の普通じゃない日常を、独特のユーモアで描きだす。稀代のコメディエンヌ・藤山直美の未知なる魅力を引き出した、まさに新境地の“人間関係コメディ”だ。絶妙な間合いで藤山の夫役を演じるのは、岸部一徳。二人と絡む自治会長夫婦は、石橋蓮司と大楠道代の名コンビ。阪本組の常連にして最強の“じゃべくりカルテット”がここに実現した。脇を固めるのは今もっとも旬な若手男優・斎藤工をはじめ、磨赤兒、宅間孝行、竹内都子、濱田マリなど芸達者たち――。飛び交うブラックな噂と妄想、やがて訪れる仰天の結末。その隙間から、人が生きていくことのオカシミと切なさがほろほろと零れ落ちてくる。

ストーリー

ストーリー画像

大阪近郊にある、古ぼけた団地。昭和の面影を残すその一角で、山下ヒナ子(藤山直美)は、夫で元漢方薬局店主の清治(岸部一徳)とひっそりと暮らしていた。半年ほど前に店を閉め、引っ越してきたばかり。腰は低いがどこか世を捨てた雰囲気に、住民たちは好奇心を隠せない。調子のいい自治会長の行徳(石橋蓮司)と、妻で"ゴミ監視役"の君子(大楠道代)。クレーマーで次期会長を狙う吉住(宅間孝行)に、暇を持て余した奥さま連中。ときおり訪れる妙な立ち居振る舞いの青年・真城(斎藤工)だけが、山下夫妻の抱えた過去を知っていた──。
そんなある日、些細な出来事でヘソを曲げた清治が「俺は死んだことにしてくれ」と床下に隠れてしまう。夫の姿が団地から消えても、淡々とパートに通い続けるヒナ子の言動に、隣人たちの妄想は膨らむばかり。「もう殺されてると思う...」。一人がつい口にしてしまった言葉をきっかけに、団地を覆った不安は一気にあらぬ方向へと走りだして......。

藤山直美

山下ヒナ子:団地に越してきた平凡な主婦
1958年12月28日生まれ。京都府出身。4歳より舞台に立つ。初舞台は64年、坂本九主演[見上げてごらん夜の星を](永六輔)。以後、舞台、テレビに多数出演する。96年、[夫婦善哉](宮永雄平)で芸術選奨新人賞(大衆芸能部門)を受賞。また12年、[ええから加減](田村孝裕)で第38回菊田一夫演劇賞受賞。00年、数々の映画賞を受賞した阪本順治監督作品『顔』で演じた主人公役の演技が評価され、自身もキネマ旬報賞主演女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞、報知映画賞最優秀主演女優賞、ヨコハマ映画祭主演女優賞を受賞する。主な出演舞台は[おもろい女](15/田村孝裕)、[かたき同志](15/石井ふく子)、[かあちゃん](15/石井ふく子)、[かぐや姫](15/齋藤雅文)、[笑う門には福来る](14/浅香哲哉)など。

岸部一徳

山下清治:無職。元漢方薬局店主
1947年1月9日生まれ。京都府出身。67年「ザ・タイガース」のメンバーとしてデビュー。解散後、俳優へ転身する。カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作『死の棘』(90/小栗康平)では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞・キネマ旬報主演男優賞などを受賞。その他、『帰って来た木枯らし紋次郎』(93/市川崑)、『大鹿村騒動記』(11/阪本順治)で日本アカデミー賞優秀助演男優賞、『大阪ハムレット』(10/、光石富士朗)にて毎日映画コンクール男優助演賞を受賞するなど、日本映画に欠かせない存在として高く評価されている。近年の代表作に、『舞妓はレディ』(14/周防正行)、『FOUJITA』(15/小栗康平)などがある。阪本順治監督作品への出演は、『顔』(00)、『亡国のイージス』(05)、『カメレオン』(08)、『人類資金』(13)など多数。

大楠道代

行徳君子:正三の妻。団地のゴミ管理人。
1946年2月27日生まれ。中国天津市出身。64年、『風と樹と空と』(松尾昭典)でデビュー。その後大映に入社し、『氷点』(66/山本薩男)、『小さい逃亡者』(66/衣笠貞之助)、『痴人の愛』(67/増村保造)などに出演する。76年、結婚を機に姓を「大楠」に変えた後も精力的に活動し、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した『ツィゴイネルワイゼン』(80/鈴木清順)、『親鸞』(87/三國廉太郎)などに出演。03年、『赤目四十八瀧心中未遂』(荒戸源次郎)で、毎日映画コンクール女優助演賞、ブルーリボン賞助演女優賞、キネマ旬報助演女優賞などを受賞する。近年の代表作に『ジャージの二人』(08/中村義洋)、『人間失格』(10/荒戸源次郎)などがある。
阪本順治監督作品には、『愚か者 傷だらけの天使』(98)、『顔』(00)、『大鹿村騒動記』(11)などに出演している。

石橋蓮司

行徳正三:団地の自治会長。
1941年8月9日生まれ。東京都出身。劇団「第七病棟」主宰。55年、『ふろたき大将』(関川秀夫)に主演し映画デビュー。映画を中心に、TVドラマ、ナレーションなど幅広く活躍している。90年、『浪人街』(黒木和雄)、『われに撃つ用意あり』(若松孝二)で、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞、報知新聞映画賞助演男優賞、毎日映画コンクール助演男優賞、キネマ旬報助演男優賞を受賞した後、11年、『今度は愛妻家』(行定勲)、『アウトレイジ』(北野武)などで、日本アカデミー賞優秀助演男優賞、ブルーリボン賞助演男優賞などを受賞。近年の代表作に『紙の月』(14/吉田大八)、『超高速!参勤交代』(14/本木克英)、『この国の空』(15/荒井晴彦)などがある。阪本順治監督作品には、『大鹿村騒動記』(11)、『北のカナリアたち』(12)、『人類資金』(13)など多数出演している。

宅間孝行

吉住将太:自治会長の座を狙うDV男。
1970年7月17日生まれ。東京都出身。12年まで「東京セレソンデラックス」主宰。現在、エンターテインメントプロジェクト「タクフェス」主宰。俳優としてだけでなく、脚本家、演出家として幅広い分野で活躍。07年、TBS系「歌姫」で第2回ギャラクシー・マイベストTV賞 グランプリ受賞。TVドラマ出演作は、NHK連続テレビ小説「つばさ」(09)、「新撰組血風録」(11/NHK BSプレミアム)、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」(15)、東海テレビ「嵐の涙~私たちに明日はある~」(16/フジテレビ系)など。主な映画出演作に、『同窓会』(08/監督・脚本・主演)、『くちづけ』(13/堤幸彦/脚本・出演)、日本・トルコ合作映画『海難1890』(15/田中光敏)がある。最新作に『嫌な女』(6月25日公開/黒木瞳)の出演を控えている。

斎藤 工

真城:奇妙な日本語を話す謎の青年。
1981年8月22日生まれ。東京都出身。『時の香り~リメンバー・ミー~』(山川直人/01) で俳優デビュー。映画、ドラマなどでの俳優業の傍ら監督もするなど、幅広く活躍している。15年エランドール賞受賞。自身監督作の『半分の世界』は2015セルビア日本交換映画祭「アイデンティティ賞」受賞。主な映画出演作に『逆転裁判』(12/三池崇史)、『愛と誠』(12/三池崇史)、『虎影』(15/西村喜廣) など。主な出演TVドラマに「オトコマエ!」(09/NHK)、「最上の命医」(11/テレビ東京系)、「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(14/フジテレビ系)、「臨床犯罪学者 火村英生の推理」(16/日本テレビ系)など多数。公開待機作に、『無伴奏』(3月26日公開/矢崎仁司)、『種まく旅人~くにうみの郷~』(5月30日公開/佐々部清)、『高台家の人々』(6月4日公開/土方政人)がある。

麿 赤兒

権藤:ヒナ子が勤めるスーパーの常連客
1943年生まれ。奈良県出身。状況劇場に参加した後、72年に舞踏集団「大駱駝艦」を旗揚げ、主宰。舞踏家として国内外に向けて勢力的に振付・演出・上演し続けている一方で、映画・TV・舞台で独特の存在感を放ち、各方面から多くの支持を得ている。74年、87年、96年、99年、07年、舞踊評論家協会賞受賞。 06年、文化庁長官表彰受賞。近年の主な映画出演作は、『極道めし』(11/前田哲)、『朱花の月』(11/河瀨直美)、『SPEC~天』(12/堤幸彦)、『まほろ駅前狂騒曲』(14/大森立嗣)、『日本のいちばん長い日』(15/原田眞人)など。阪本順治監督作品には、『どついたるねん』(89)、『傷だらけの天使』(97)、『KT』(02)、『魂萌え!』(07)、『大鹿村騒動記』(11)など多数出演している。

スタッフ

  • 脚本・監督:阪本順治

    1958年生まれ。大阪府出身。大学在学中より石井聰亙(現:岳龍)、井筒和幸、川島透らの各監督の現場にスタッフとして参加する。89年、赤井英和主演『どついたるねん』で監督デビューし、芸術推奨文部大臣新人賞、日本映画監督協会新人賞、ブルーリボン賞最優秀作品賞など数々の映画賞を受賞。藤山直美を主演に迎えた『顔』(00)では、日本アカデミー賞最優秀監督賞、毎日映画コンクール日本映画大賞・監督賞などを受賞した。その他の代表作に、『KT』(02)、『亡国のイージス』(05)、『魂萌え!』(07)、『闇の子供たち』(08)、『座頭市 THE LAST』(10)、『大鹿村騒動記』(11)、『北のカナリアたち』(12)、『人類資金』(13)、『ジョーのあしたー辰吉丈一郎との20年―』(16)など多数。

団地

2016年/日本/103分/ビスタサイズ/5.1ch/G
製作・配給:キノフィルムズ
©2016「団地」製作委員会