キノフィルムズ

公開終了
2016年9月10日(土) 公開

だれかの木琴

心の隙間に入ってきた美容師への、抑えきれない執着―
愛と呼ぶにはあまりに危険で切ない、男と女のサスペンス

 夫と娘と郊外に引っ越したごく普通の主婦の小夜子は、新しく見つけた美容院で少し髪を切る。海斗と名乗った若い美容師からその日のうちにお礼の営業メールが届き、それに返信したことから小夜子の日常は一変する。自分でも訳がわからない衝動にかられ、何度もメールを送っては頻繁に店を訪れ海斗を指名する小夜子。ついには海斗のアパートを探し当て、呼び鈴を押してしまう・・。海斗へのストーカー行為がエスカレートするほどに、小夜子は生き生きと輝き美しくなっていく。やがて、家族や海斗の恋人を巻き込んで、2人がたどり着いた思わぬ結末とは・・・?
 主人公小夜子を演じる常盤貴子は、女性が心の奥底に抱える孤独と葛藤を、リアルな狂気と匂い立つようなエロスで繊細かつ大胆に演じ、女優として新たな代表作をここに打ち立てた。そんな小夜子と正面から対峙する海斗を演じるのは、2014年の映画賞を総なめにした、池松壮亮。ほか、小夜子の夫に勝村政信、海斗の恋人に佐津川愛美ら実力派が集結した。
スマートフォンが普及し、SNSで簡単に人と繋がれて他人の動向が追えてしまう、誰もがストーカーとなる危険をはらんでいると言っても過言ではない今の時代。どこにでもいる主婦の小夜子に、本当は何があったのか──最後にそれに気づいた時、観る者の心にある孤独も解き放たれていく、魂の共鳴の物語。

  • 公開劇場
    キノフィルムズ
  • キャスト
    常盤貴子、池松壮亮、佐津川愛美/勝村政信 他
  • スタッフ
    監督:東 陽一
©2016年『だれかの木琴』製作委員会