キノフィルムズ

上映中作品ダミー
公開終了
2016年10月29日(土) 公開

フランコフォニア ルーヴルの記憶

世界一有名な美術館、ルーヴル美術館。

「ルーヴルのないフランスは必要なのか?」と言われるまでの価値を持つこの美術館は、1793年の誕生から、223年に渡りヨーロッパを見続けてきた。そして、ルーヴルの眼差しの先には、常に"美"と"戦争"によって作られた時代があった。 そんなルーヴルが見たヨーロッパの一大叙事詩を映像化したのは、ロシアの巨匠アレクサンドル・ソクーロフ。これまでヒトラーを題材にした『モレク神』(99)では第52回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞、ゲーテの同名小説を映画化した『ファウスト』(11)では第68回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞するなど、高い評価を得てきた。絢爛豪華な映像美で多くの人を魅了した『エルミタージュ幻想』(02)以来の美術館をテーマにした本作では、第二次世界大戦期のドイツによるフランス侵攻時の物語を入り口に、現在と過去を往来して展開していく。ナポレオンやフランスのシンボル、マリアンヌなど時代を象徴する亡霊、息をのむほど美しい数々の美術品、そして美を奪うものと守るもの―。"記憶の迷宮"への旅がはじまる。

  • 公開劇場
    キノフィルムズ
  • キャスト
    ルイ=ド・ドゥ・ランクザン、ベンヤミン・ウッツェラート
  • スタッフ
    監督:アレクサンドル・ソクーロフ
© 2015 - Idéale Audience - Zero One Film - N279 Entertainment - Arte France Cinéma - Musée du Louvre