キノフィルムズ

公開終了
2020年7月24日(金)公開

LETO -レト-

≪第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品 カンヌ・サウンドトラック賞最優秀作曲家賞受賞≫
80年代文化統制下のレニングラードを舞台に、T・レックス、デヴィッド・ボウイ、イギー・ポップなど
豪華ロックスターたちの名曲で彩る青春バイオグラフィ

イントロダクション

ときは1980年代前半。西側諸国(資本主義諸国)の文化は禁忌とされていたソ連時代のレニングラード。
T・レックスやD・ボウイなど西側のロックスターの影響を受けたアンダーグラウンド・ロックで人気を博していたミュージシャンのマイク(ローマン・ビールィク)のもとにある日、ロックスターを夢見るヴィクトル(ユ・テオ)が訪ねてくる。彼の才能を見出したマイクは、共に音楽活動を行うようになるが、その一方で、マイクの妻ナターシャ(イリーナ・ストラシェンバウム)とヴィクトルの間には淡い恋心が芽生え始めていた・・・・。

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、カンヌ・サウンドトラック賞最優秀作曲家賞を受賞。その他各国の映画祭で数々の受賞&ノミネートを果たし、世界中の映画・音楽ファンを熱狂させた本作。ロシアの伝説的ロックシンガーのヴィクトル・ツォイのデビュー期を基に、ペレストロイカ目前のレニングラードで純粋に〝自由″と〝音楽″を追い求めた若者達のひと夏を描く。トーキング・ヘッズ、イギー・ポップ、ルー・リード、デヴィッド・ボウイなど70‘s~80’sのロックシーンを代表する名曲が実にユニークでスタイリッシュな映像演出でカヴァーされる点も音楽ファン垂涎の見どころ。
ロックンロールで打ち鳴らす〝規制からの解放″、そしてほのかにビターな恋心。純粋なパッションに突き動かされた若者たちの熱気と青春に胸がアツくなる傑作がここに誕生した。

ユ・テオ

イリーナ・ストラシェンバウム

ローマン・ビールィク

スタッフ

  • 監督:キリル・セレブレンニコフ

  • 脚本:リリ・アイドバ

配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ
©HYPE FILM, 2018