キノフィルムズ

ヒトラーの忘れもの
公開終了
2016年12月17日(土) 公開

ヒトラーの忘れもの

ナチス・ドイツが白い浜辺に遺したのは地雷だけだったのか―?
砂の下に封印されていた 真実の物語

1945年5月、ナチス・ドイツによる5年間の占領から解放されたデンマーク。ドイツ軍が海岸線に埋めた無数の地雷を除去するため、捕虜のドイツ兵たちが駆り出された。セバスチャン、双子のヴェルナーとエルンストらを含む11名は、地雷を扱った経験がほとんどない。彼らを監督するデンマーク軍のラスムスン軍曹は、全員があどけない少年であることに驚くが、初対面の彼らに容赦ない暴力と罵声を浴びせる。広大な浜辺に這いつくばりながら地雷を見つけ、信管を抜き取る作業は死と背中合わせだった。少年たちは祖国に帰る日を夢見て苛酷な任務に取り組むが、飢えや体調不良に苦しみ、地雷の暴発によってひとりまたひとりと命を落としていく。そんな様子を見て、ナチを激しく憎んでいたラスムスンも、彼らにその罪を償わせることに疑問を抱くようになる。とりわけ純粋な心を持つセバスチャンと打ち解け、二人の間には信頼関係や絆が芽生え始めていた。
やがてラスムスンは、残された任務をやり遂げて帰郷を願う少年たちの切なる思いを叶えてやろうと胸に誓うようになる。しかしその先には思いがけない新たな苦難が待ち受け、ラスムスンは重大な決断を迫られるのだった......。

人は憎むべき敵を赦すことができるのか?
いかなる残酷な状況においても、生きるための希望を抱き続けることは可能なのか?
―美しい海が広がる白い浜辺に遺された"真実の物語"が、あなたの心を激しく揺さぶるだろう。

  • 公開劇場
    シネスイッチ銀座ほか
    キノフィルムズ
  • キャスト
    ローラン・ムラ
    ミゲル・ボー・フルスゴー
    ルイス・ホフマン
    ジョエル・バズマン
    エーミール・ベルトン
    オスカー・ベルトン
  • スタッフ
    脚本・監督:マーチン・サントフリート
©2015 NORDISK FILM PRODUCTION A/S & AMUSEMENT PARK FILM GMBH & ZDF