キノフィルムズ

近日公開
2019年11月15日(金) 公開

『ベル・カント とらわれのアリア』

副大統領邸を占拠したテロリストと人質たちが、世界的オペラ歌手の歌をきっかけに心を通わせていく。
Amazon ベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーに輝くベストセラー小説を
日米豪華キャスト〈ジュリアン・ムーア×渡辺謙×加瀬亮〉で映画化

『アリスのままで』でアカデミー賞🄬主演女優賞を獲得し、ハリウッドを代表する女優となったジュリアン・ムーア。同賞にノミネートされた『ラスト サムライ』以来国際的に活躍し、ミュージカル「王様と私」でトニー賞にノミネートされた渡辺謙。マーティン・スコセッシら名匠に愛される実力派俳優、加瀬亮。演じるために生まれてきた3 人が、1996 年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件からヒントを得て、テロリストと人質の予期せぬ交流を描いた作家アン・パチェットの小説「ベル・カント」の映画化で共演を果たした。危機的状況の中、人質の一人である世界的オペラ歌手ロクサーヌの歌声が彼らにどんな影響を与えたのか。人の心を救うのは“力”ではなく、美しい芸術や温かな交流だと教えてくれる感動の人間ドラマとなっている。

  • 公開劇場
    TOHOシネマズ 日比谷 ほか
    配給:キノフィルムズ/木下グループ
  • キャスト
    ジュリアン・ムーア
    渡辺謙
    セバスチャン・コッホ
    クリストファー・ランバート
    加瀬亮
  • スタッフ
    監督:ポール・ワイツ
    原作:アン・パチェット「ベル・カント」
© 2017 BC Pictures LLC All rights reserved.