キノフィルムズ

ある船頭の話
近日公開
2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開 公開

ある船頭の話

【本年度ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門正式出品】
オダギリ ジョー 長編初監督作品
橋の建設と、突然現れた少女が、静謐だった船頭の日々を変えていく―。

元号が「平成」から「令和」に変わるなか、文明の波や時代の移り変わりに直面した山奥の村を舞台に、「本当に人間らしい生き方とは何か」を世に問う問題作が生まれた。
近代産業化が進む山あいの村。川岸の小屋に住み船頭を続けるトイチは、村人たちが新たな時代を予感させる橋の建設に沸き立ち完成を心待ちにする中、それでも黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた。そんな折、トイチの前に現れた一人の少女。何も語らず身寄りもない少女と一緒に暮らし始めたことで、トイチの人生は大きく狂い始める―。

主人公トイチを演じるのは新藤兼人監督作品『石内尋常高等小学校 花は散れども』以来、11年ぶりの主演となる柄本明。謎めいたヒロイン役には川島鈴遥を抜擢した。そしてトイチを慕い、多くの時間を共に過ごす村人・源三役には若手実力派、村上虹郎。ほかにも日本映画界を代表する多彩な顔ぶれが競演。さらに、海外でも精力的に活動してきたオダギリのもとには国際派スタッフが集結。撮影監督には名匠クリストファー・ドイル、衣装デザインには『乱』で米アカデミー賞®を受賞した日本を代表するデザイナー、ワダエミ。そして若くして天才と謳われたアルメニアのジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンが映画音楽に初挑戦。
本作は、第76回ヴェネチア国際映画祭のヴェニス・デイズ(コンペティション)部門への正式出品が決定。革新性や探究心、インディペンデント精神を重視する部門で、長編日本映画としては初の選出となった。

映画を観ることが、人生の根源を見つめることになる― そんな稀有なる体験をあなたに。

  • 公開劇場
    新宿武蔵野館
    配給:キノフィルムズ
  • キャスト
    柄本明
    川島鈴遥、村上虹郎
    /伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優
    /笹野高史、草笛光子
    /細野晴臣、永瀬正敏、橋爪功
  • スタッフ
    脚本・監督:オダギリ ジョー
    撮影監督:クリストファー・ドイル
    衣装デザイン:ワダエミ
    音楽:ティグラン・ハマシアン
© 2019「ある船頭の話」製作委員会