キノフィルムズ

アフター・ヤン
近日公開
10月21日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 公開

アフター・ヤン

A24(製作) × コゴナダ監督(『コロンバス』) × 坂本龍一(オリジナル・テーマ) × Aska Matsumiya(音楽)
近未来を舞台に映像表現の粋を尽くす、切なく美しい物語

遠くない未来。AIロボットのヤン(ジャスティン・H・ミン)は、ある一家のもとで養女のミカ(マレア・エマ・チャンドラウィジャヤ)とともに、慎ましくも幸せな日々を送っていた。しかしある日、ヤンは突然の故障で動かなくなってしまう。父親のジェイク(コリン・ファレル)はふさぎ込む娘のためにヤンの修理の手段を模索するが、その過程でヤンが撮り溜めた断片的な記録映像を発見する。そこには、家族に向けられたヤンの愛おしいまなざしと、ある秘密が残されていた……。
監督/脚本は、前作『コロンバス』が世界中で話題となった映像作家コゴナダ。長編第2作となる本作では気鋭のスタジオA24とタッグを組み、テーマ曲を坂本龍一が手掛ける。人間と人工知能のあわいを伏線豊かに描き、静謐な映像と心に響く音楽が観る者を魅了する、かつてない感動作が誕生した。

  • 公開劇場
    TOHOシネマズ シャンテ 他
    配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ
  • キャスト
    コリン・ファレル
    ジョディ・ターナー=スミス
    ジャスティン・H・ミン
    マレア・エマ・チャンドラウィジャヤ
    ヘイリー・ルー・リチャードソン
  • スタッフ
    監督・脚本・編集:コゴナダ
    原作:アレクサンダー・ワインスタイン「Saying Goodbye to Yang」(短編小説集「Children of the New World」所収)
    撮影監督:ベンジャミン・ローブ
    美術デザイン:アレクサンドラ・シャラー
    衣装デザイン:アージュン・バーシン
    音楽:Aska Matsumiya
    オリジナル・テーマ:坂本龍一
    フィーチャリング・ソング:「グライド」Performed by Mitski, Written by 小林武史
© 2021 Future Autumn LLC. All rights reserved.