キノフィルムズ

公開終了
2014年9月13日(土) 公開

リスボンに誘われて

1行目で 心が動き、
2ページ目で 列車に飛び乗り、
3章目で 人生が変わった。

スイス・ベルンの高校で、古典文献学を教えるライムント・グレゴリウスは、ラテン語とギリシア語に精通する、知性と教養に溢れた人物。
5年前に離婚してからは孤独な一人暮らしを送り、毎日が同じことの繰り返しだが、特に不満は無かった。
だが──学校へと向かうある嵐の朝、吊り橋から飛び降りようとした女を助け、彼女が残した1冊の本を手にした時から、すべてが変わる。
本に挟まれたリスボン行きの切符を届けようと駅へ走り、衝動的に夜行列車に飛び乗ってしまうライムント。
車中で読んだ本に心を奪われた彼は、リスボンに到着すると、作者のアマデウを訪ねる。
彼の妹が兄は留守だと告げるが、実は若くして亡くなっていたと知ったライムントは、彼の親友や教師を訪ね歩く。
医者として関わったある事件、危険な政治活動への参加、親友を裏切るほどの情熱的な恋──アマデウの素顔と謎を解き明かしていくライムント。
そして遂に、彼が本を著した本当の理由に辿り着くのだが──。

"選ばなかった人生"に思いを馳せたことのある大人たちに贈る、新たな発見に満ちた感動の物語。

https://www.youtube.com/watch?v=ooWqXJe2c8o
  • 公開劇場
    Bunkamuraル・シネマほか
    キノフィルムズ
  • キャスト
    ジェレミー・アイアンズ、メラニー・ロラン、ジャック・ヒューストン、ブルーノ・ガンツ、シャーロット・ランプリング
  • スタッフ
    監督:ビレ・アウグスト   原作:パスカル・メルシエ「リスボンへの夜行列車」(早川書房刊)
©2012 Studio Hamburg FilmProduktion GmbH / C-Films AG / C-Films Deutschland GmbH / Cinemate SA. All Rights Reserved.