キノフィルムズ

公開中
4月5日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか 公開

マックイーン:モードの反逆児

恋をするように服を作り、命まで捧げた、ドラマより劇的な人生

〈ファッション界の反逆児〉と呼ばれながらも、
デヴィッド・ボウイやビョーク、レディー・ガガから
キャサリン妃にまで愛されたアレキサンダー・マックイーン

ロンドンの労働者階級出身の青年は、
いかにして無一文からトップデザイナーへと駆け上がったのか?

ロンドンの労働者階級出身で、日々の食費にも困っていた青年が、23歳で失業保険を資金にデザイナーとしてデビュー。次々と開いたセンセーショナルなショーは、大絶賛とバッシングの真っ二つに分かれ、彼の名前〈アレキサンダー・マックイーン〉は、たちまち世に広まった。そして1996年、弱冠27歳でパリのグランメゾン〈ジバンシィ〉のデザイナーに抜擢されて世界を驚かせ、34歳で大英帝国勲章を授与されるまで上りつめる。ところが、富と名声の絶頂期にいた40歳で突然、自ら命を絶ってしまう。いったい彼はどんな人物で、いかにして現代のおとぎ話のような成功を果たし、なぜ燃え尽きてしまったのか──? 

  • 公開劇場
    TOHOシネマズ 日比谷ほか
    配給:キノフィルムズ
  • キャスト
    リー・アレキサンダー・マックイーン ブランド創業デザイナー
    イザベラ・ブロウ 元「ヴォーグ」エディター、スタイリスト
    トム・フォード 元「グッチ」グループ クリエイティブ・ディレクター
  • スタッフ
    監督・脚本:ピーター・エテッドギー 『オネーギンの恋文』(脚本)
    監督・製作:イアン・ボノート 『エッジ・オブ・スピード』
    音楽:マイケル・ナイマン 『ピアノ・レッスン』
© 2018 A SALON GALAHAD PRODUCTION. ALL RIGHTS RESERVED.