キノフィルムズ

近日公開
2019年1月12日(土)よりシアター・イメージフォーラム他全国順次公開 公開

ヒューマン・フロー 大地漂流

現代美術家アイ・ウェイウェイが描く壮大な一大叙事詩。
23カ国40ヶ所もの難民キャンプと国境地帯を巡る、全世界に警鐘を鳴らす衝撃のドキュメンタリー。

どうしてここまで深刻化してしまったのか?
誰が救済に向かうべきなのか?
救済しないことで、どのような犠牲がうまれるのか?
6500万人もの人の流れはどこに行き着くのか。

今、世界に最も影響力のある現代美術家アイ・ウェイウェイが、
“大地の漂流者たち” と共に地球を旋回してゆく。

貧困・戦争・宗教・政治的立場・環境問題など、様々な理由で増え続ける難民たち。その数は、2018年には過去最高の6,850万人に上り(撮影当時の16年は6,500万人)、深刻化する事態とは裏腹に難民受け入れを拒否する国が広がっている。いま、世界で何が起きているのか。

難民たちが辿り着くギリシャの海岸、各国に散るシリア難民、ガザに封鎖されるパレスチナ人、ロヒンギャの流入が止まらないバングラデシュ、アメリカとメキシコの国境地帯など、23カ国40カ所もの難民キャンプを巡り、彼らの旅路をなぞってカメラに収めたのは、中国の現代美術家であり社会運動家としても活躍するアイ・ウェイウェイ。11年米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出され、その力強い美術的主張が注視される彼もまた、2015年以降は中国を追われている。
空撮を多用した壮大で圧倒的な映像美は、“大地の漂流者たち”が味わう苦難の中に人間の尊厳と希望を浮かび上がらせ、ヴェネチア国際映画祭を始め各国の映画祭で賞賛された。

何度も地図の書き換えが行われてきた動乱の世界で、人間の尊厳への関心を失いつつある社会は予測もつかない分裂の危険に瀕していると、全世界へ警鐘を鳴らす衝撃のドキュメンタリー。

  • 公開劇場
    シアター・イメージフォーラム
    配給:キノフィルムズ/木下グループ
  • キャスト
    アイ・ウェイウェイ
  • スタッフ
    監督・製作:アイ・ウェイウェイ
    製作 :チン-チン・ヤップ、ハイノ・デッカート
    製作総指揮:ダイアン・ワイアーマン『不都合な真実』
    編集:ニルス・ペー・アンデルセン『アクト・オブ・キリング』
© 2017 Human Flow UG. All Right Reserved.