キノフィルムズ

公開終了
2019年12月21日(土)公開

仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション

劇場版 仮面ライダー新時代。 2000年から始まった平成仮面ライダーシリーズが20作品目「仮面ライダージオウ」にて終わりを告げた。そしてこの冬、2009年から毎年公開してきた仮面ライダー 冬映画は、新元号・令和の幕開けとともに新時代へと突入する。 令和第1作「仮面ライダーゼロワン」は、人工知能=AIをテーマに、様々な職業の世界を通してAIが導入された未来の姿と、そこで生まれる悪との戦いを描いている。その歴史に幕を閉じたはずの「仮面ライダージオウ」が、なぜ新時代の「仮面ライダーゼロワン」と関わるのか。 交わるはずのない2つの世界が並び立つ時、次なるステージへの扉が開かれる。 平成×令和 混ぜるな危険。記念すべき令和仮面ライダーシリーズ劇場版第1作。 これまでとは一線を画す、予想だにしない物語が、いま、始まる。

イントロダクション

「・・・夢を忘れず、戦え」 或人が目覚めるとそこは、いつもの日常ではなく人工知能搭載ロボ・ヒューマギアに支配された世界だった・・・!社長の座もヒューマギア・ウィルに奪われ、ヒューマギアたちの人間抹殺が激化する最中、現れたのは仮面ライダーの記憶を失くし、学生として過ごしていたはずのソウゴ・ゲイツ・ツクヨミ、そしてそこにはウォズの姿も。 元いた世界を取り戻すべくソウゴたちとともに12年前にタイムトラベルした或人を待ち受けていたのは、仮面ライダー1型なる兵器を開発しヒューマギアを守るために戦う父親ヒューマギア・其雄と、謎のタイムジャッカー・フィーニス。何故、其雄は仮面ライダー1型になったのか。フィーニスの本当の狙いとは一体――。そして世界のゆがみはどうなってしまうのか!? ゼロワン誕生に隠された、親子の“夢”の物語がいま始まる――。

飛電或人/仮面ライダーゼロワン:高橋文哉

不破 諫/仮面ライダーバルカン:岡田龍太郎

イズ:鶴嶋乃愛

刃 唯阿/仮面ライダーバルキリー:井桁弘恵

迅:中川大輔

滅:砂川脩弥

福添 准:児嶋一哉(アンジャッシュ)

シェスタ:成田愛純

山下三造:佐伯 新

ザットの声:日髙のり子

ナレーション:山寺宏一

スタッフ

  • 原作:石ノ森章太郎[13]

  • 脚本:高橋悠也[13]

  • 監督:杉原輝昭

  • 音楽:佐橋俊彦、坂部剛

  • アクション監督:渡辺淳(ジャパンアクションエンタープライズ)

  • 特撮監督:佛田洋(特撮研究所)

「ゼロワン/ジオウ」製作委員会(東映、テレビ朝日、東映ビデオ、ADKエモーションズ、木下グループ、バンダイ)
「ゼロワン/ジオウ」製作委員会 © 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映