ニュース -News-

キノフィルムズの最新情報をお届けします

2017年10月13日

『はじまりのボーイミーツガール』12/16(土)公開決定!


フランスのベストセラー青春小説を映画化!チェリストを夢見る少女と、落ちこぼれ少年の小さな恋が抱える大きな秘密とは?!


落ちこぼれのヴィクトールは、クラスの優等生マリーに恋する12歳。全く相手にされていなかったはずが、近ごろ急接近され変な感じ。マリーの自宅に招待され、プロのチェリストになる夢を打ち明けられ舞い上がるが、誰も知らないマリーの秘密を知ってしまう。その秘密を守るため利用されていたことに気付くが、マリーの情熱に動かされ、彼女を助けることを決意する。その日から2人の秘密の作戦が始まった―!


映画『はじまりのボーイミーツガール』は、12/16(土)、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開


公式サイトはこちら


『はじまりのbmg』ポスター.jpg

2017年09月15日

『人生はシネマティック!』11月11日(土)公開決定!


映画製作に情熱を傾ける人々を愛とユーモアあふれる視点で描くヒューマン・ドラマ!


この秋、映画を愛するすべての人にとって、最高に素敵な物語が幕を上げる!
これまで一度も執筆経験のない女性の新人脚本家が、戦争に疲弊した国民を勇気づけるため、プロパガンダ映画の製作に挑む!? 劇中劇を織り交ぜたユニークな設定、軽妙洒脱でウィットに富んだ台詞の数々、映画ファンの心を捉えて離さない当時の撮影風景-―。映画が何よりも娯楽だった時代の熱気に興奮しながら、映画人たちの人間模様に笑って泣く! 情熱的な新人脚本家と仲間たちが、決してあきらめずに奮闘する姿が思わずグッと胸に迫る、珠玉のヒューマン・ドラマが誕生した。
主人公の名女優ジェマ・アータ-トン(『ボヴァリー夫人とパン屋』)や、世界中の女性から熱視線を浴びているサム・クラフリン(『世界一キライなあなたに』)、日本でも大人気のビル・ナイ(『ラブ・アクチュアリー』)をはじめ、英国映画界を代表する豪華キャストが結集!世界的に注目される女性監督ロネ・シェルフィグ監督(『ワン・デイ 23年のラブストーリー』『17歳の肖像』)が鮮やかに紡ぎ出す、 "映画好きのためのベストワン・ムービー"が、ついに日本でもお披露目!
映画『人生はシネマティック!』は、11月11日(土)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

【ストーリー】
第二次世界大戦中のロンドン。執筆経験ゼロの女性が、ダンケルクで兵士を救った姉妹の映画の製作に脚本家として加わることに。軍部政府の横やりや検閲、さらにベテラン俳優のわがままに振り回されながらも、周囲の魅力的な仲間とともに最高の映画を完成させる!


公サイトはこちら


lc_poster0904.jpg

2017年08月03日

『ブルーム・オブ・イエスタディ』 9月30日(土)公開決定!


ナチス映画の歴史が変わる!?エポック・メイキングな物語が誕生!愛と笑いと勇気でタブーの扉を開ける。


時は、現代。ナチスの戦犯を祖父に持ち、家族の罪と向き合うためにホロコーストの研究に人生を捧げるトト。そして、ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持ち、親族の無念を晴らすために、やはりホロコーストの研究に青春を捧げるインターンのザジ。スタート地点は真逆だが、同じ目標のためにアウシュヴィッツ会議を企画することになった二人。人付き合いが苦手なトトは、 "今どきの若い女性"のザジに激しく反発するが、やがて二人は、自分にない何かを求め合うように強く惹かれていく──。 畳みかけるようなユーモアと毒舌に、こんなシリアスなテーマで笑っていいのかと思わず不安を覚えるような、斬新なアプローチは驚きの連続!昨日咲いた花(ブルーム・オブ・イエスタディ)が、明日をきっと輝かせてくれる。破天荒な展開のその先に、すべての人間に、どんな傷でも癒せる、素晴らしい力があることを気付かせてくれる勇気の物語が誕生した。東京国際映画祭にて最高賞となる東京グランプリとWOWOW賞をW受賞した本作がついに日本公開!!


『ブルーム・オブ・イエスタディ』公式サイト

ブルーム/_ポスター.jpg

2017年07月28日

『女神の見えざる手』10月20日(金)公開決定


オスカー7部門受賞作『恋におちたシェイクスピア』のジョン・マッデン監督最新作

『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャスティン』が新境地を開拓!!


政権の決断に影響を与え、世論も左右するプロの集団がいる。その名は「ロビイスト」。いったい彼らは、どんな戦略を巡らせて、その見えざる手で権力をも操作し、人々の心を動かしていくのか?銃規制法案という生々しいトピックを題材にロビイストの知られざる実態に迫る、問題作にして話題作が誕生した。


監督は『恋におちたシェイクスピア』、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』のジョン・マッデン。主人公のエリザベス・スローンを演じるのは、『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞®主演女優賞にノミネートされたジェシカ・チャステイン。本作では"仕事人"としての矜持と人間くささの両面を見事に体現し、観る者の目をクギづけにする演技で、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされている。


共演者には、『キック・アス』『キングスマン』のマーク・ストロング、トニー賞受賞歴もある名優ジョン・リスゴーなどが脇を固め、物語により重厚なリアリティをもたらしている。ロビー活動の攻防には巧妙な罠も仕掛けられ、一瞬先も読めないハイレベルのサスペンスが展開。逆転に次ぐ逆転劇の末にもたらされる結末は、予想外に清々しく、エモーショナル! エリザベス・スローンの決意と運命に、心を揺さぶられない観客はいないだろう。この秋、これまで味わったことのない興奮と感動がもたらされる!

映画『女神の見えざる手』は、10月20日(金)TOHOシネマズシャンテほか、全国公開。


『女神の見えざる手』公式サイト

女神の見えざる手_Tポスター_1M.jpg

2017年07月21日

『パディントン2』が2018年1月に公開!日本語吹替え版の主要キャスト続投決定!


紳士なクマが、またまたトラブル!?あのパディントンが帰ってくる!!

全世界で320億円を超える大ヒットを記録し、日本でも紳士なクマの虜になる人が続出した映画『パディントン』。
その続編『パディントン2』が2018年1月に公開いたします。


今度のパディントンは街中を走りまわったり、洗剤を頭からかぶったりと何やらトラブルのニオイがぷんぷん。
もちろんブラウン一家も全員集合です。さらになぞの男たちも加わって大事件が巻き起こる!?


日本語吹替え版の主要キャストには前作に引き続き、松坂桃李さん、古田新太さん、三戸なつめさんの超豪華声優陣の続投が決定いたしました!


【ストーリー】
ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グル―バーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。その絵本を買うために様々な雑用仕事を始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている...!

パディントン.jpg


2017年06月16日

『ハイジ アルプスの物語』8月26日(土)全国順次公開!


アルプスの風に乗って、ハイジが<本当の幸せ>を届けにやってくる!

世界中で愛され続けている不朽の名作を、本国スイスが名誉と情熱をかけて実写化し、
日本では8月26日より、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国順次公開する事が決定した。

アルプスの山の大自然に囲まれ、ガンコだけれど優しい祖父と楽しく暮らしていたハイジ。ところがある日、大富豪のお嬢様のクララの話し相手として、フランクフルトの都会へ連れていかれることに。足が悪く車いす生活を送っていたクララは、明るく素直なハイジに励まされ、元気を取り戻していく。ハイジとクララは固い友情で結ばれるが、ハイジは日に日におんじの待つアルプスの山が恋しくなってしかたなかった...。
不朽の児童文学「アルプスの少女ハイジ」(作:ヨハンナ・シュピリ)が、本国スイスで実写映画になった。世界中でこれほど長く愛され続けているのは、ハイジの物語に子供たちが大人になる時に、そして大人になってからも迷った時に、心に響くメッセージがたくさん詰まっているから。なぜ学ぶことが必要なのか、なぜ人を思いやることが大切なのか、ハイジがまぶしい笑顔で教えてくれる。

日本でもアニメーション化され、"子供に見せたい名作アニメ"として、真っ先にその名があがるハイジの物語。本物のアルプスの風景と共に家族で楽しめる内容となっている。


公式サイトはこちら

heidi_B5omote0526.jpg

2017年05月15日

日本・キューバ合作『エルネスト』10月6日(金)公開決定!


チェ・ゲバラに"エルネスト"と名付けられたひとりの日系人がいた―。

50年の時を経て明かされる、真実の物語


1967年10月にこの世を去り、今年で亡くなってから50年を迎えるキューバ革命戦士"エルネスト・チェ・ゲバラ"。革命家として、今もなお世界中でゲバラの存在は息づいている。そんな彼の部隊に帯同し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ・前村・ウルタードの知られざる生涯を描いた映画『エルネスト』の公開が10月6日(金)に決定いたしました。

本作を手がけるのは、『北のカナリアたち』(12)や『人類資金』(13) など、数多くの作品を世に送り続ける阪本順治監督。長編映画で、実在する人物を題材にするのは初めてとなる。
阪本監督とは3度目のコンビとなるオダギリジョーが主演を務める。2003年の「第56回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門に出品された『アカルイミライ』で映画初主演を果たし、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』では日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。『マイウェイ 12,000の真実』や『FOUJITA』などの国際俳優としても知られるオダギリジョー。本作では全編スペイン語での演技と12キロのダイエットをし挑んだ渾身の演技を披露している。


【ストーリー】
キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世としてボリビア生まれのフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。

公式サイトはこちら


ernesto_main.jpg

2017年05月15日

『ターミネーター2 3D』8月11日(金・祝)公開決定!


『タイタニック』『アバター』ジェームズ・キャメロン監督 × アーノルド・シュワルツェネッガー、SF映画の金字塔『ターミネーター2』が3Dバージョンで復活!!


 サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)とターミネーターの死闘から10年が経ち、1997年8月29日に起こり得たスカイネットと人類間の核戦争(審判の日)を追憶にするサラは精神病患者として病院へ収監され、ジョン(エドワード・ファーロング)は養父母の下に引き取られていた。ある日、時空を超えて2体のターミネーターが送り込まれる。1体は10年前と同モデルのT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)、もう1体は液体金属で構成されたT-1000型(ロバート・パトリック)。2体はそれぞれ共通の目標であるジョンを捜索し、ほぼ同時に発見する。襲いかかるT-1000からジョンを救ったのは、かつてサラを襲ったT-800だった。


 『タイタニック』『アバタ―』で数々の記録を塗り替えたジェームズ・キャメロン監督の代表作であり、アクション・スター、アーノルド・シュワルツェネッガーの人気を不動なものにした『ターミネーター2』が最先端の3D技術で甦る。


 ジェームズ・キャメロン監督コメント:「この映画をビデオやブルーレイやDVDでしか知らない世代が大勢いる。だから、劇場でターミネーター2のすべてを体験してほしい」。



公式サイトはこちら
T2-3Dpos_jp_0515.jpg

2017年04月20日

『フェリシーと夢のトウシューズ』8月12日(土)公開決定!


『最強のふたり』製作陣 ×『カンフー・パンダ』アニメ―ターが贈る
ひとりぼっちの少女が、パリでバレリーナを目指す、夢に恋する物語


 物語の舞台は19世紀末、エッフェル塔が建設中の花の都パリ。踊ることが好きな気持ちは誰にも負けない少女フェリシーは、いつかパリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見ていた。ある日それぞれの夢を叶えるため共に育った親友ヴィクターと施設を抜け出し、憧れの街パリを目指すことに。元バレリーナのオデットと運命的な出会いを経て、まだバレエを習ったことすらなかった少女が、情熱と勇気を胸にあたらしい世界に飛び込む。


 実写とアニメーション豪華制作陣がジャンルの垣根を越えて集結、そして振付をパリ・オペラ座バレエ団芸術監督であるオレリー・デュポン、ジェレミー・ベランガールが担当するなど細部にいたるまで美意識と情熱が注ぎ込まれている。何かが始まる予感に満ちたこの街のいたるところ-セーヌ川にかかる橋の上で、建設中のエッフェル塔の下で、賑やかなお店で、フェリシーは軽やかに跳ね、優雅に踊る。アニメーションだからこそ描けた彼女の魔法のようなきらめき、その躍動感に目も心もすべてを奪われるはず。


 フェリシーの何度でも立ち上がる明るく前向きな姿に、夢を忘れかけた大人も、夢を追いかけている真っ最中の子供たちも、思わず心が踊り出す感動のエンターテインメント作品となっている。


公式サイトはこちら


『フェリシーと夢のトウシューズ』ティザー.jpg

2017年03月31日

木下グループ新人監督賞 1次審査通過者発表!


木下グループ新人監督賞 1次審査通過者発表!


 第1回木下グループ新人監督賞の1次審査通過10人の監督が決定しました!
ご応募いただきました皆様、本当にありがとうございました!
予想を上回る応募数を記録し、審査に時間がかかりましたが、全ての作品を読ませていただきました。
厳正なる審査の結果、以下の監督を1次審査通過とさせていただきます。

【1次審査通過者】(50音順)

荒木 伸二  『人数の町』
太田 信吾  『いつか、出会える日』
加藤 卓哉  『めぐしき人』
真田 幹也  『ミドリムシの夢』
島田 角栄  『極彩のGray』
田中 希美絵 『僕のポージーはどこ(仮)』
辻田 洋一郎 『偽物の両親』
松野 泉   『キリングタイム killing time』
宮崎 大祐  『日本の団地』
山田 篤宏  『AWAKE(仮)』
 
グランプリ、準グランプリ作品の発表は5月を予定しております。
公式サイトこちら